辛ラーメンでおなじみ農心のインスタント冷麺「ふるる冷麺」買ってきました。味は二種類で水冷麺とビビン冷麺があります。

私は大久保の韓国広場で買いましたが、業務用スーパー、コストコなどでも売っているとのことです。

スポンサープロダクト

まず水冷麺から食べて見ましょう。作り方は簡単です。麺は3分茹で、冷水で洗い流し、水気を切ります。

麺を茹でている間にスープを冷水260mlで割っておきます。キンキンに冷やすべく水を少なめにして氷を入れました。

スープは韓国特性トンチミスープ(大根の塩漬けからにじみ出たスープ)にりんご酢のほのかな酸味が溶け込んで、甘みのあるさっぱりとした豊かな味に仕上げたとのことです。

茹で上がった麺を冷水でよく流し、水気を切ってスープに投入。このまま食べてもいいのですが、少し具材を付け加えます。

事前のリサーチでキムチを入れた方がいいとのことなのでキムチ、そしてゆで卵とネギ、キュウリをトッピングしました。

食べてみると、これがモッチモッチした冷麺!冷麺だから当たり前なのですが、インスタントの麺でこれだけ食感がモチモチするもんなんですね。

わずかに酸味のあるスープはすごくさっぱり!このままでも爽やかでいいんですが、酸味のあるキムチをのせたので、さっぱり味のスープにキムチの辛味が追加されてバランスのいい味わいに。確かにこれはキムチがあった方がいいですね。

いやなかなか、水冷麺美味しいです。インスタントだからと言ってバカにできないものです。

 

続いてビビン冷麺。ビビン冷麺も麺を三分茹で、水で流します。水冷麺と違うのは付属のタレをそのまま麺にかける点です。汁なし麺というわけですね。

タレをかけ、混ぜあわせて見ました。

タレはコチュジャンの旨みと辛さ、果実の甘みを熟成させたビビンジャンということ。真っ赤なタレが食欲をかきたてますね。

こちらもキムチ、ゆで卵、刻みネギをトッピングしました。

おおお、水冷麺とは味の方向性が真逆です。

しっかりめの味付けで、甘辛いタレが一気に口に広がります。辛味はやや辛。辛いのが好きな方にはなんでもない辛さですが、苦手な方には少し強めの辛さになるかもしれません

このビビン冷麺にもキムチをトッピングしましたがこれも正解。タレの甘みがやや強いので、キムチの酸味がうまく中和してくれて、好みの味になりました。そして個人的には水冷麺よりもビビン冷麺の方が好みの味です。コチュジャンの辛味、果物の甘み、そしてキムチの酸味が混じり合ったタレともちもちの冷麺の組み合わせは抜群!甘辛のタレに包まれたゆで卵も美味しいです。これはリピート決定ですね。

もちろん水冷麺の方もさっぱりと食べれて暑いなんかには最適です。つまり両方ともクオリティー高し!ただし両方とも炭水化物100gオーバーなのでダイエット中の方はご注意を!それでもおすすめです!

農心
ふるる冷麺 水冷麺

購入価格:116円
460kcal
オススメ度

ふるる冷麺 ビビン冷麺
購入価格:116円
473kcal
オススメ度

スポンサープロダクト