オットギのオドントン麺食べてみます!調べるとオドントンという意味はむっちりもちもちみたいな意味だそうです。

オットギのインスタント麺って基本もちもちなんですが、名前につけるくらいだからさらにもちもちしているのか実食して確かめてみます!

スポンサープロダクト

パッケージにも昆布のキャラクターがいたのですが、中にも昆布が無造作に一枚そのまま入っている!

昆布がそのまま入っているインスタント麺ってちょっと他に記憶がないですね。

昆布の他は麺、粉スープ(銀の袋)、かやく(白の袋)です。

水550mlとかやく、昆布を鍋に入れて火をかけます。

沸騰したら粉スープ、麺を入れます。茹で時間は5分と長めです。

まずスープを啜ってみると、韓国のインスタントらしくあっさりしつつも辛味の効いた味わい。

辛味は強すぎることなく、ピリ辛程度で食べやすいです。大きな昆布、そしてワカメが入っているからか海藻のコクもあって美味しい。

一般的な韓国のインスタントと同じく日本のインスタント麺よりも味つけはあっさりしているので濃いめの味が好きな方はお湯の量を少し減らして調整するといいと思います。

そしてやっぱり麺が一番の特徴。

麺は太麺で確かにもちもち度高め!五分きっかり茹でたのですが、伸びた感じはまるっきりなく弾力がたまらない。

麺に関してはオットギの他のインスタントと比較しても上質な出来となっています。

オススメ度は?

もちもちの太麺が美味しく、まさにオットギらしいインスタント麺でした。

カルディで売っている同じオットギのサリ麺が好きな方ならこの麺との相性も良いはずです。そのまま入っていた昆布の味は普通の昆布だったけど、出汁として役に立ってくれたと思います。

オススメ度は5点満点中星4つ!もちもちの麺を心ゆくまで堪能できました。ごちそうさまでした。

オットギ(ottogi)
オドントン麺

購入価格:127円(税込)
エネルギー:510kcal
特徴
太めの麺はもちもち食感!
辛味はピリ辛程度
昆布がそのまま入っています
オススメ度

辛さレベル