今日は中国では有名という庶民派食堂「沙県小吃(サケンシャオチー)」高田馬場店に行きました。中国にはなんと60000店もの店舗がある人気チェーンだとか。日本初出店とのことですから、ちょっと楽しみですねー

ちなみに、小吃(シャオチー)とは日本でいう軽食のこと。しかし軽食といっても、麺類から餃子、炒飯なんかも小吃に含まれるので日本の軽食のイメージとは随分違いますよね。

注文方法は食券を買うタイプですね。料理は基本480円と嬉しいワンコイン価格。

購入した食券を店員の方に渡して、料理ができるのを待とうかなと思っていたら……

食券を渡した瞬間に蒸し餃子が配膳されてびっくり!五秒くらいだったんですが‥‥‥

早く出てきましたが、蒸し餃子はしっかりしています。薄めの皮にぎっしり詰まった餡が美味しいです。

スポンサープロダクト


次の料理はこれまた早く出てきた、バンメン。

バンメンとは日本ではあまり聞きなれない料理ですが、拌麺、つまり日本でいう混ぜそばのことですね。

麺のそこには汁なし坦々麺のようなゴマだれが。しっかり混ぜ合わせてからいただきます。

麺はそれほどコシがあるわけではなく、ちょっと高級なインスタント麺のような食感。ゴマだれですが、あっさりとしたシンプルな味付けなのでサクッと食べれてしまいます。まさに小吃ですねー

最後に配膳されたワンタンもあっさり目のスープ。舌触りのいい柔らかな皮がいいですね。ちなみに、私以外のお客はどうやら全員中国の方々、やはり慣れた味が懐かしいのかもしれません。

三品も頼んだのに、スピード配膳だったので入店から二十分ほどで店を後にしました。一品一品は軽く食べれますが、さすがに満腹です。

日本初出店の沙県小吃は全体的に手の込んだ中華料理というよりもサクッと食べれる印象でした。何よりも日本の松屋といったチェーンのように注文から料理が出てくる速度が早いのがいいですね。

値段もお手頃なので、サクッと中華を楽しみたい時なんかにおすすめです。

沙県小吃 高田馬場店
住所
東京都新宿区高田馬場2-8-6
営業時間
11:00~23:00
(売切次第終了)

スポンサープロダクト