カルディで買ってきました。タイプレジデント、ガパオヌードル。タイではおなじみのMAMAブランドですね。

ガパオとはホーリーバジルのことを指します。つまりこれはバジル焼きそばということですね。そういえば、ガパオライスは日本でも結構人気ですよね。日本製のガパオ味のインスタント麺も時折見かけることがあります。このMAMAのガパオヌードルはカルディの説明だと以下のような商品のようです。

スイートバジルがたっぷり入ったガパオ焼きそば。バジルとチリが焼きそばに絡み、ピリ辛がやみつきになります。カップに具を入れてお湯を注ぎ3分待ち、湯きり口からお湯を流します。残りの付属調味料を全て混ぜて完成です。

出典:カルディ

では早速作って見ましょう。

開けて見ました。

って、後から気づいたのですがこの後お湯を注いで温めるので、全部開けてはいけないみたい。まぁなんとかなりますよね。

それにしても、日本のカップ焼きそばの形状と似てはいるけど、やっぱり少し形が独特ですね。

調味油、調味パウダー、かやくの三つが入っています。

ちなみにカルディで買ったこの商品は、パッケージに作り方や原材料名が日本語で書かれているので、作り方に迷うことはなさそうです。

かやくだけを入れました。一体これはなんなんだと思い、原材料名を見てみると「小麦タンパク」と「乾燥にんじん」とのこと。

人参はわかるけど、小麦タンパクとは一体なんでしょうか。

お湯を注ぎ、

待つこと3分!

普通のカップ焼きそばのようにお湯を抜こうとしたのですが、少し注意が必要。

お湯を抜く穴が大きいので、ザーッと抜こうとすると、かやくが一緒に出て行ってしまうのです。慎重にやればお湯だけ抜けそうではありますが。

そして茹で上がった麺。

ここに調味油を入れて、

調味パウダーを入れます。鮮やかなパウダーが食欲を掻き立てます。緑色の葉はホーリーバジルでしょう。

よくかき混ぜれば出来上がり。バジルの香りがすでに漂っていますね。

これは辛うま系の予感。ではいただきます。

バジルの香りが強く、ちゃんとガパオしてますねー。ニンニクやチリパウダーが非常にスパイシーでパンチがガツン!、だけど辛味自体はピリ辛程度です。

麺はタイのインスタント麺ではよくある細めの懐かしい感じの麺。

内容量は60gと普通のインスタント麺よりも少し小さめなので、一食としては物足りないかもしれません。あっダイエットしてる人にはちょうどいいかも。チリペッパーには脂肪燃焼作用のあるカプサイシンも入っているだろうから、その点もいいかもしれません。

本場タイの企業が発売しているインスタント麺らしく、スパイスとバジルの香りがしっかり効いているので、気軽にガパオ味を楽しみたいという方にはおすすめです!

 

タイプレジデント ガパオヌードル
価格:149円(税込)
エネルギー:272kcal
タンパク質:5g
脂質:12g
炭水化物:36g
食塩相当量:2.5
(推定値)
オススメ度

スポンサープロダクト