高円寺は夏に開かれる東京高円寺阿波踊りで有名ですが、その他にも商店街を挙げて、いくつものイベントが開かれます。びっくり大道芸もその一つ。

びっくり大道芸は毎年、四月下旬、ゴールデンウィークの頭に開かれます。

大道芸のパフォーマーは日本のみならず、世界中から集まって商店街の街、高円寺を盛り上げます。商店街の方達もこぞって店先で唐揚げやビールを売るので、目だけでなく胃袋も楽しめるのも魅力の一つですね。

商店街や道路、至る所で大道芸人がパフォーマンスが繰り広げられます。
スポンサープロダクト

商店街の店もこぞって店頭で食べ物やお酒を売り出していて、なんだか学校の文化祭のような雰囲気です。

商店街を優雅に歩く巨大な人。日常感のある商店街に異世界が広がります。

銀行脇の路地裏でも。

歩き疲れても高円寺は飲食店が多いですから、すぐに休むことができます。

昼食は「からあげとビール」という直球そのものの店名の店で。これだけの量のからあげに、ビール、そしてザーサイがついて780円。

びっくり大道芸は入場料はかかりませんが、パフォーマンスが終わるとカンパを求められます。楽しんだ分のお気持ちを払うと良いでしょう。

 

高円寺はお祭り好きだ!

高円寺はびっくり大道芸の他にも一年を通してイベントが開かれる、まさにお祭り好きの街です。主だったイベントは高円寺四大祭りとして括られます。

二月 高円寺演芸祭り

いつもの店に落語に講談、浪曲、漫才、紙切り、太神楽など様々な芸人さんが現れ、食事を楽しみながら多彩な芸が楽しめます。二月とまだまだ寒い時期の開催ですが、大いに笑って寒さを吹っ飛ばしましょう。

四月下旬 高円寺びっくり大道芸

本記事で紹介した高円寺びっくり大道芸。日本のみならず世界中の大道芸人が高円寺に集まって、通る人々を楽しませてくれます。大道芸の定番ジャグリングや手品だけでなく、チェロ奏者やブラス隊など多彩なパフォーマーが参加しているので、パンフレットをゲットして好みの芸を楽しむといいかも。

八月最終週の土日 東京高円寺阿波踊り

高円寺の祭りといえば東京高円寺阿波踊りでしょう。来場者は毎年100万人に達し、街全体が熱気に包まれます。阿波踊りの踊り手は総勢一万人。場所取りをして楽しむもよし、人混みを掻き分けながら踊りと音を楽しむもよし。初めて訪れる方はその迫力に圧倒されること間違いなしです。

十月最終週の土日 高円寺フェス

別名「高円寺の文化祭」。駅前でプロレスが開かれたり、地域の小学校では中央線沿線のカレー店が出店したりと、ある意味カオス的なイベントです。他にもスタンプラリーや、謎のこけし展など無数にイベントが開かれるので、日本のインド高円寺を十分に満喫できます。

スポンサープロダクト